高円寺シアターバッカス

詳細決定!『ミニマル映画ゲマインシャフト』第3回大会

開催概要


48389866_321199992053567_3042212154225721344_n

『ミニマル映画ゲマインシャフト』第3回大会
  1/18(金)19:00開場 19:30開始予定
  場所:高円寺シアターバッカス(旧アンノウンシアター)
      東京都杉並区高円寺北2-21-6レインボービル3階
  料金:1500円 or 1800円ワンドリンク付き 学割:1000円

◆専用予約フォーム(全席自由)
→こちらへ

マップ黒

◎上映作品/参加監督


「声」串田壮史 10分【登壇あり】
「穴を掘る」矢川健吾 16分
「理想の彼」サイラス・望・セスナ 9分【登壇あり】
「なみぎわ」常間地裕 20分【登壇あり】
「なぎさ」古川原壮志 18分
 
主催・キュレーション:東海林 毅

参加監督・作品


49949400_1084779641684061_6124734522144587776_n

串田 壮史 監督 「 声 」 2017年/10分
出演:永井秀樹 大滝樹
孤独な男は、彼のアパートの壁に現れる影に魅了されていく。
台詞なし・音楽なし。人間の普遍性に関する短編映画。
<受賞歴>
38th Black Maria Film Festival JURY STELLAR AWARD
第4回湖畔の映画祭 監督賞 ほか



49937685_758090421239357_4920900470915989504_n

矢川 健吾 監督 「 穴を掘る 」 2017年/16分
出演:川連廣明 木村知貴 脇田敏博  細川佳央 大迫茂生 佐藤考太郎  高山トンガ
男は仕事を終え、街を離れていく。
無人駅に着くと男はスコップ片手に夜の森へと入っていった。
「闘うことに言葉はいらない。」
男は何を求めて森へ行くのか?
何のために穴を掘るのか?



49844981_359867271473447_1915193837899218944_n

サイラス・望・セスナ 監督 「 理想の彼 」 2017年/9分
出演:保坂麻美子 杉谷 Noy 小関翔太  関戸文亮
とある大学の英語授業のために学生たちが準備してきた
プレゼン。そのテーマが「理想のデート」。
優等生の富山メイが待ってましたとばかりにプレゼンを
始めるが、その内容が意外な展開へと突入する。



49947832_1713563585410385_8256361975521476608_n

常間地 裕 監督 「 なみぎわ 」 2018年/20分
出演:山田将 サトウヒロキ 小田篤  織田龍光 律子 山田雄三  石山優太 丹野武蔵
大人と子供、その間で揺れながら生きる二人の日常が、
これからの二人にとって特別な1日へと変わっていく。
<受賞歴>
西東京市民映画祭 2018 最優秀作品賞/技術賞
第7回 関西学生映画祭 観客賞(グランプリ) ほか



50253096_564015537395191_5439810499699015680_n

古川原 壮志 監督 「 なぎさ 」 2017年/18分
出演:遠藤健慎 浅見姫香 ほか
クラスメイトの男の子と女の子。
プールの時間に二人で話したこと、男の子は繰り返し思い出す。
消えていく時間の中、いつまでも彼女の声が耳に残る。
<受賞歴>
那須ショートフィルムフェスティバル グランプリ
きりゅう映画祭 グランプリ ほか



49253516_1126043367575905_8237062041760694272_n

第11回オイド映画祭東京受賞作品上映会!

ロゴ案パーツ

1月19日(土)


another side上映
13:00〜
繭子と闇の赤い手紙
wisper

14:15〜
人間D(じんかん)59

15:30〜
TOBIRA

短編コンペティション
17:00〜
Room mate
オオカミ少年
ほろにがくあまく
公衆電話
迷子の海辺

中・長編コンペティション
19:00〜
いまだ失われぬ楽園

21:00〜
その神の名は嫉妬

1月20日(日)


短編コンペティション
15:00〜
YURYA MIKHALKOVA~走れ\よ/メロス
太宰橋
霞立つ
PANDORA

中・長編コンペティション
17:00〜
あなたにふさわしい

19:00〜
ダイジナモノ

21:00〜
迷子のまいこのお兄さん

インフォメーション



第1日:2019年1月19日(土) OPEN/12:30 START/13:00
第2日:2019年1月20日(日) OPEN/14:30 START/15:00
会場:高円寺シアターバッカス
(東京都杉並区高円寺北2-21-6 レインボービル3F)
※2019年から「高円寺シアターバッカス」に劇場名が変わります。
料金:1日通し券 ¥1,500  1日通し券 ¥1800/1ドリンク付き  2日通し券 ¥2,000-

ご予約はこちらから

バッカスクリエイターズミーティング開催!

Print

タイトルは仰々しいですが!


2019年1月1日より、「高円寺シアターバッカス」が発進します。
昨年末、ヒーコラ言いながら開催した「第11回オイド映画祭東京」参加のクリエイターの方々!
また、オイド、アンノウンシアターのムーブメントに携わっていただいた
数多くのクリエイターの皆様へのお披露目を兼ねて、
要するに打ち上げ、懇親・交流会、つまりのところは新年会を執り行います。

自由度の高い運用形態ゆえ、シアターを会場にして、飲料・食料各種取り揃えてお待ちしております!
チョイ顔出し大歓迎!
新企画のプレゼンや、告知の方はどんどん時間と設備を使ってください!
飲料・食料持ち込み大歓迎!各種割引あります

ちなみに


プロデューサー、ディレクター、アクター、音楽家、テクニカルスタッフ、制作スタッフ、ライター、などなど
あらゆる創作活動に携わる方々、プロ・アマ、玄人・素人、一流二流三流問わず、
「クリエイター」とお呼びしております。

information


2019年1月6日(日) 開始 16:00  終了 22:00(予定)
*上映・プレゼン・登壇は随時行います

すみません!会費制で!
通常:3000円
チョイ顔出し:2000円〜1000円
プレゼン・告知される場合:1500円
飲料・食料持ち込みの方:1500円
学割1,000円(学生証をご提示ください)

会場 高円寺シアターバッカス(旧アンノウンシアター)
    166-0002 東京都杉並区高円寺北2-21-6レインボービル3F

参加の可否・予約はこちらまで!

待望の開催!ミニマル映画ゲマインシャフト第3回大会

49376841_220533542194748_8839281916256452608_n

2019年春、池袋シネマ・ロサへの登場も決定!
驀進中の「老ナルキソス」監督:東海林 毅キュレーションによる
先鋭映画たちの競演「ミニマル映画ゲマインシャフト」第3回大会を開催!

ミニマル映画とは
ストーリー、ダイアローグ、モノローグ、登場人物、感情、ロケーション、色、音、光……
映画を構成する様々な要素を削ぎ落し、表現の可能性を模索している作品を「ミニマル映画」と呼びたい。
削ぎ取られ、むき出しになった映画のかたちを思う存分鑑賞させたし。
キュレーター:東海林 毅

新たな進化のスタートを切った映画界のサグラダファミリア「高円寺シアターバッカス」にて
2019年1月18日、金曜日の夜は高円寺へ!

上映作品


串田 壮史監督「声」 (2017年/10分)
矢川 健吾監督「穴を掘る」 (2017年/16分)
サイラス・望・セスナ監督「理想の彼」 (2017年/9分)
常間地 裕監督「なみぎわ」 (2017年/20分)
古川原 壮志監督「なぎさ」 (2017年/18分)

*監督とのアフタートークを予定
*登壇者は変更、追加になる場合がございます

information


2019年1月18日(金) 開場 19:00 開始 19:30
料金 1,500円 or 1,800円(ワンドリンク付き) 学割1,000円(学生証をご提示ください)
会場 高円寺シアターバッカス(旧アンノウンシアター)
    166-0002 東京都杉並区高円寺北2-21-6レインボービル3F

Print

ご予約はこちらの専用フォームから

ポーラーサークルpresents 「熟成映画大会ベストセレクション」堂々開催!


作られてから10年以上経った傑作・珍作だけを上映する映画大会です。
今回はVol.1~5の中から選び抜かれた名作だけを一挙上映します。
長く寝かせた「熟成映画」の深い味わいをお楽しみください。


【上映作品】



『悲しみジョニー』 天久聖一 (2003/23分)

『ダイヤモンドの月』 野火明 (1991年/19分)

『蟹とミュージシャン』 岩崎友彦 (1991年/4分)

『トモヲ⇔ヨーコ愛の往復書簡』 岩崎友彦 (1991年/3分)

『恋は赤鬼』 小林でび (2005年/19分)

『京島3丁目2番地の路の子』 帯谷有理 (1999年/18分)

『戦火を逃れた幻の百フィート』 酒徳ごうわく (1995年/6分)

『視力映画』 酒徳ごうわく (2000年/2分)

『ナッツ』 かげやましゅう 千木良悠子 丈和 (2001年/9分)

『23:60』 東海林毅 (2007年/20分)

『eyes』 小暮法大 (2007年/20分)

『少女爆弾』 賀々贒三 (2002年/3分)

『屍野球愚連隊』 賀々贒三 (2002年/5分)


49008897_274125796620204_6592522805038809088_n



スペシャルインタビュー!かげやましゅう監督


かげやまさん

Q:この企画を主催されている「ポーラーサークル」はどのような活動をされているグループなのでしょう。

かげやま:正式メンバーは僕しかいません。ポーラーサークルという「場」を作ることで、
そこに集まった人々が繋がり、新しい企画が次々と生まれます。今年結成10周年を迎えました。

Q:かげやまさんが提唱されている「熟成映画」とは?また、その楽しみ方を教えてください。

かげやま:制作から10年以上経つことで、新作とは違う、深い味わいが増した映画を「熟成映画」と 名付けました。特に自主映画は機材の進化と作品内容が深く関わっているので、時代による作風の変化を楽しむことができます。 今だから理解できる早過ぎた傑作にも注目しています。監督とのトークショーによって熟成映画への理解はさらに深まります。

Q:今回のラインナップ、ベストセレクションという事ですが、選出の決め手になった点は?

かげやま:上映中、または上映後のお客さんの反応ですね。単に面白いだけではなく、お客さんが刺激や衝撃を感じた作品を選びました。大爆笑できる作品もあります。

Q:これからの「熟成映画大会」はどのように展開して行くのでしょうか。

かげやま:自主映画の多くは監督に作品権利があるため、傑作でも古くなると上映される機会が減ってしまいます。そんな「眠っている傑作」をスクリーンに引き上げていきます。現在活躍している監督の若き日の自主映画も上映したいですね。次回は松梨智子監督に参加をお願いしたいと企んでおります。


熟成ベストチラシ画像 熟成ベストチラシ画像


インフォメーション


※監督によるトークショーがございます。※途中入退場OK 司会:かげやましゅう

日時:2019年1月13日(日) OPEN/13:30 START/14:00
会場:高円寺アンノウンシアター http://uk-theater.com/
(東京都杉並区高円寺北2-21-6 レインボービル3F)
※2019年から「高円寺シアターバッカス」に劇場名が変わります。
料金:¥1,500 or ¥1800/1ドリンク付き

ご予約はこちら!

Print
オイド映画祭東京 O!!IDO FILM FESTIVAL TOKYO
© O!!iDO Film Festival Tokyo All Rights Reserved.