O!!iDO スペシャル

オイド短編映画祭特集企画第3弾「オールドボーイズvs.ヤングボーイズ OYAZI,LOVES,CINEMA vol.2」上映作品のご紹介

タイムテーブル


❤️詳細随時更新❤️

7月21日(土) 14:00 OPEN/14:30 START

上映決まり!の作品
今野博之「呪女」
岡田海渡「Hug me」
チャールズ尾澤「私をハワイに連れてって」+特報第2弾!最新作『走れ\よ/メロス』
東海林毅「23:60」


トークセッションオールドボーイズvs.ヤングボーイズ act.1



7月22日(日) 16:00 OPEN/16:30 START

上映決まり!の作品
木村健二「ゆ」最新作!
チャールズ尾澤「老人とウニ」+特報第3弾!最新作『走れ\よ/メロス』
東海林毅「老ナルキソス」*最新作!


トークセッションオールドボーイズvs.ヤングボーイズ act.2


作品紹介(順不同)




ナルキソス2

題名:「老ナルキソス」
監督:東海林毅
総尺:22:00
作品解説:
自己愛に溺れるナルシストの老絵本作家は「自らの老い」=「最愛の人との別れ」に
どう向き合うのか。
一見エキセントリックに見える主人公を通して、普遍的なテーマである老いへの恐怖や
若さへの憧憬そして性への渇望を描くことで、セクシャリティや性癖に関係なく
みな同じように心を揺らして生きる人間であることが鮮明に浮揚する。
主演は「太陽」(アレクサンドル・ソクーロフ監督/2004)や
「そこのみにて光輝く」(呉美保 監督/2014)などで存在感を発揮する田村泰二郎。
舞踏によって培われた肉体で老絵本作家の快楽と苦悩を表現している。
繊細さと不遜さを併せ持つ青年レオを演じるのはミュージカル「テニスの王子様」や
ライブ・スペクタクル「NARUTO」など2.5次元舞台を中心に活躍する高橋里央。
また舞台「100/70sea」主演で注目を集めた期待の新人俳優、佐野弘樹が
老絵本作家の青年時代を妖艶に演じている。


ナルキソス1
                   「老ナルキソス」




ゆ

題名:「ゆ」
監督:木村健二
総尺:10:00
作品解説:
O‼︎iDO最年長監督最新作!
75歳になる木村監督が、使い方もよくわからないデジカメを手に、
ひとり気ままに自分の世界観を映像化した、なんとも不思議な映像作品。




ハワイ

題名:私をハワイに連れてって
監督:チャールズ尾澤
総尺:15:11
出演:染井ひでき/高林里衣/サラ
作品解説:
1954年公開の『ゴジラ』で志村喬さん演じる山根恭平博士(古生物学者)の立場を
女性自衛官に代え、第28作『ゴジラ FINAL WARS』までのエピソードを網羅。
かつ、宝田明先生の出演申し出を断ってまで完成させた
曰く付きの、ゴジラの全く出てこないゴジラ・ファンムービー。




hugme

題名:Hug me
監督:岡田海渡
総尺:9:27
出演:山口愛心/岡田海渡
作品解説:
悲痛の表情を浮べ、抱き合う男女のカップル。
交際に同居生活と、2人には最高に幸せな日常だったが……
等身大の生活の外側を次第に覆っていく、残酷な世界。
その侵入を許した時、若い二人の決断は———O‼︎iDO最年少監督登場!




23_60_still_2017_001

題名:23:60(にじゅうさんじろくじゅっぷん)
監督:東海林毅
総尺:20:00
作品解説:
ネットの仮想世界に没頭する青年“Qwer”。
所有者を失い廃墟となったエリアで、“Ame”という名のアバターと出会う。
「所有者は現実世界で自殺した」と嬉々として言う“Ame”。
二人の静かな夜が始まる———第9回O‼︎iDO監督賞受賞。




呪女

題名:呪女
監督:今野博之
総尺:7:00
作品解説:
愛の冷め切った1人の子供を抱える夫婦。この生活に終止符を打とうと、
離婚届けを妻に突きつける夫と、子供の為にならないと離婚を拒む妻…
O‼︎iDO上映時、監督行きつけの店のママが、絶叫して劇場から飛び出してきたという恐怖の一編。




UZI

題名:老人介護ウエスタン『老人とウニ』
監督:尾澤修ことチャールズ尾澤
総尺:20:00
作品解説:
ここは老人の町。介護士を奪い合う社会福祉法人A社とB社。
介護士ブローカーの出現によって介護士たちが行方不明になる。
老人となった伝説のダブルハンド(八代木霊65歳要介護1)が
介護士売買の危機の中、対立する二社を掃討するが、
未明の介護士(磨西この子28歳)によってそれぞれの運命が大きく変わっていく・・・
って書いていてもよくわからないので、とにかく観ていただきたい!




カテゴリー 一覧へ
オイド映画祭東京 O!!IDO FILM FESTIVAL TOKYO
© O!!iDO Film Festival Tokyo All Rights Reserved.